文者の庵

-MONJA NO IORI-

故郷を想う

正月ムードも終わり、徐々に2018年が始まるぞ!というムードが高まっている。政府の働き方改革や女性の社会進出が進むであろうこと、ますます日本の人口は減り高齢化が進む事。これから世の中はどの方向へ進むのだろうか。

 

よく外国でも生き延びる術を身につけた方が良いなど主張する人がいる。だけれども私はそうは考えられない。自分の生まれ育った故郷で命をまっとうしたい。綺麗事かもしれないし、難しい話かもしれないが、本気でそう思うのだ。

 

自分が少年時代に馬鹿をした空き地がある。もうそこで野球をする事も無いだろう。だが、あの頃あの場所に自分がいたという心の拠り所が彼方此方にあるこの土地に居続けたい。

広告を非表示にする