文者の庵

-MONJA NO IORI-

懐かしい君の夢を見た

今日は懐かしい人の夢を見た。何だか、もうちょっと頑張ろうかなという気持ちになった。夢の中の僕と君はもう大人になっていてあの頃とは違った。もう決して会う事に無い人だろうけれども、大人になった互いで夢の中でだけ会えたというのは不思議な気持ちだ。