文者の庵

-MONJA NO IORI-

青をこえて

過ぎ去ってみれば、青春の季節は気が付いたら終わっていた。それが青春というものなのかもしれない。